経済・政治・国際

2010年5月25日 (火)

金融恐慌の再来ではないの?(2)

本日、90.29円で始まった為替市場は、現在89.76円と再度90円割れしました。

人気ブログランキング

Photo

チャートでわかるとおり、ゴールデンウイークの直前から急に円高方向に動き出しましてはいますが、米ドルの場合は今年の2月ほどまでは円高になっていません。

ただ米ドル。日本円の上下のふれが大きく、40日かけて6円ほど円安方向に云ったのが、3週間でもとに戻ってしまいました。

問題は、ギリシャ危機が落ち着いて日本の新聞、ニュースがあまり関心を失くしたユーロです。

Photo_2

このチャートでわかるとおり、1月には130円台だったユーロが坂道を転げ落ちるように、円高になってきています。今朝111.70円だったのが、現在は110円を割れて、109.8円前後です。

本日ちょうど、このブログのコメント欄にヨーロッパ出張中の読者、トラさんが以下のようなコメントを書いています。

一昨日からスペインの地場銀行であるカハスールの国有化が、欧州では話題になっており、その関係でスペイン、ポルトガルの金融市場が大打撃を受け、それが惹いては、両国に多額の債権を有するドイツ・フランスの金融機関・財政にシリアスなダメージを与えるのではないかとの思惑でユーロを悲観的な存在にさせています。

http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920012&sid=a8lnkUbhPuYg

(ブルームバーグの市況説明)

また、この週末メルマガでも書きましたが、

現政府は日本円安定のための為替介入を行うどころか、金融危機に対してどうするか、のコメントすら発表していません。ひたすら普天間基地です。

Photo_3

そしてオーストラリアドル(豪ドル)。

為替の動きにつられて、まるで崖っぷちから飛び降りたような線を描いております。

オーストラリア自体は景気も悪くなく安定しているのになぜ?

理由は最重要輸出国の中国の景気悪化だ、北朝鮮、韓国の緊張だ、はたまた投資家のリスク回避だなどと、いわれていますが、こちらのチャートはヨーロッパと違い急激な下降なので近いうちに反発があるのではないかと踏んでいます。

そこで、近々海外旅行、海外出張予定がある人への外貨手当ての考察:

アメリカ圏、ヨーロッパ圏に旅行に行く読者は

そんなに急いで外貨を手当てしなくてもまだ円高になる可能性はあります。

オーストラリア圏に旅行に行く人は実経済と比べて豪ドルは売られすぎだと思うので、

今のレートで外貨を手当てした方がよいと考えます。

ただし、豪ドルに影響を与える元の切り上げ発表や、北朝鮮と韓国の緊迫度会いによっては状況が変わりますので最終判断は各自のリスクでお願いいたします。

(上記チャートはInfoseekサイトより抜粋。チャートはクリックすると大きくなります)

人気ブログランキング

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までお付き合いくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただければ大変うれしいです。

Banner_br_tulip1

2006年8月15日 (火)

テロ事件と大停電について思うこと

この一週間でいろいろな事件が突発し、考えさえられることが多かったです。

また、過去1~2年を振り返ると、まだ解決していない、また再発するかもしれない出来事がいろいろとありますね。

1.まず、テロ事件は警戒態勢が米欧とも一段階は下げられましたが、決して根本的な問題は解決していないこと。また似たような事件が起こる可能性は十分にあるでしょう。
特に中東問題で、立場を主張しているアメリカ、イギリスに対する中東からの攻撃の確度は高いようです。

2.北朝鮮のテポドンはアメリカ領土のハワイ州を狙ったものであり、今日現在までにこの事件はなんら解決していないること。

3.今回の小泉首相の靖国神社参拝強行により中国、韓国の日本に対するいやがらせが再発する可能性があること(記憶はどんどんと薄れていきますが、一年以上前に日本企業、日本レストランにたいする中国の大規模デモ攻撃がありましたね)。

4.二年前のバリ島中心部でのテロ爆破事件により多くの旅行客が亡くなったこと。

5.インドネシア沖で発生した大津波により、プーケットで多くの旅行者が亡くなったこと。そして、最近でもインドネシア沖で大地震が発生していること。

6.インターネットが急速に普及したことから電気に頼っている社会になっているため、今回の大停電のようなことは(原因がクレーン船の送電線への接触事故ということで)、海外でも同様な事件が起こる可能性は大いにあること。

別段、旅行者を脅かしているわけではありません(笑)

わたしも旅行する際、今まで何度も、いろいろな人から、言われていますが、海外でのリスクは日本よりもはるかに多いこと。そして現地に知人がいない限り、自分の身は自分で守るしかないのです。

わたしも今後一、二ヶ月の間に仕事で海外5~6カ国を訪問しますが、これを機に訪問国でのリスク対応をどうするか、まとめてみようと思います。

2006年8月14日 (月)

東京大停電!この場合の対応は?

今朝の東京電力のトラブルにより東京の一部地域、千葉の浦安、神奈川で大停電が発生し、会社に一時間半遅れで到着しました(汗)

会社がお台場にあるため、りんかい線かゆりかもめ線でしか交通手段はないのですが、両方とも不通になり、大渋滞でした。

地下鉄も朝のラッシュ時にストップして、大混乱。

このような場合にはどう対応するか、周りを見ていてもどうするか悩んでいる方が多かったのですが、危機対応マニュアルを普段から作って頭の中にいれておけばあわてずにすみますね。

たとえば今日のような場合には、日本だと携帯電話やモーバイルパソコンなどのサイトで交通渋滞をこまめにチェックして、乗り換え案内などで最新のルートを検索する。

また、会社だけでなく、旅行などで集合する場合には、集合場所などの目的地の電話番号を前もって控えておいて、交通手段の遅延の理由と、それによる遅れが認められるのかどうかを携帯でチェックするなどが考えられますね。

しかし、もしこれが海外を旅行中にその国で起こったらどうでしょうか?

市内の交通トラブルがあると、空港に出発時間に間に合わず、帰国の便を逃してしまいますね。
それだけでなく、もしあなたが持っているチケットが出発便を変更できない種類のものなら、大きなトラブルになります。

また、交通トラブルだけでなく、テロや暴動など、個人で防ぎきれない事態にはどう対処すればよいのでしょうか?

海外では旅行者へのニュースソースが日本より大きく限定されますので、一日一回は現地のニュース番組や、NHKの国際放送などで治安や事件などを確認しましょう。現地のニュース番組ではもし言葉が分からなくても、画像とかで雰囲気はわかります。そして在外公館に電話をいれて確認しましょう。

また、日本にいる家族にもなにか事件が起こったら連絡してもらえるように、現地で通じる携帯電話を用意するといいでしょうね。

とにかく、海外では異常事態の場合のリスクに対しては、自分で対応しなければならない、ということを念頭に入れておきましょう。

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

海外旅行のお得な情報源一覧

  • JAL
    JAL 日本航空
  • アメリカンエクスプレスカード
    アメリカン・エキスプレス・カード
  • デルタスカイマイルカード
    デルタ スカイマイルアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  • ANAザバーゲン
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リンク