« 中国の奇跡の航空会社 | トップページ | ANA機内サービスを大幅拡充へ »

2013年7月28日 (日)

海外旅行で搭乗する航空会社は第何位?

先日、発表した日本のエイビーロードによるエアーライン・ベスト10ランキングと

イギリスの調査会社スカイトラックスのランキングのうち、
客室乗務員ベスト10と機内エンターテイメントベスト10が
比較されていました。

海外旅行のなかで機内で過ごす時間もかなり長いので、

この二つは思い出に大きな影響を与えますね。

客室乗務員ベスト10.jpg

ニュースソース:LyTeam

( http://flyteam.jp/airline/hainan-airlines/news/article/24477 )

これをみると国民性の違いでしょうか、

日本とイギリスの人気にかなり差があるのがわかります。

シンガポール航空は日本では両部門で不動の一位ですが、

イギリスでは、機内エンターテイメントでは2位に入るものの、

客室乗務員は5位と、

隣国の3位のマレーシア航空よりも下回っています。

そして、香港のキャセイパシフィック航空は、

客室乗務員部門でイギリスでは1位なのに、

日本ではベスト10にも入っていませんね。

そして日本航空は、エイビーロードでは客室乗務員ランキングで第3位ですが

イギリスのスカイトラックスではベスト10入りもしていません。

客室乗務員ランキングで両方ともにベスト10にランクインしているのは、シンガポール航空、マレーシア航空、エバー航空、全日空です。

マレーシア航空とエバー航空は意外と健闘しています。

一方、機内エンターテイメントでは、

シンガポール航空、エミレーツ航空、ヴァージン・アトランティック航空が

そろってベスト10入りしていますが、

イギリスではJALも全日空もベスト10圏外です。

こちらの方は、JAL、全日空ともに、日本の番組や、日本の映画に重点を置きすぎていて

イギリスから見てベストではないと判断されたのでは?と想像しちゃいます。

こうしてみると、海外旅行で自分の搭乗する航空会社に、

さらに興味がわいてきませんか?


人気ブログランキングへ

« 中国の奇跡の航空会社 | トップページ | ANA機内サービスを大幅拡充へ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560920/57878561

この記事へのトラックバック一覧です: 海外旅行で搭乗する航空会社は第何位?:

« 中国の奇跡の航空会社 | トップページ | ANA機内サービスを大幅拡充へ »

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

海外旅行のお得な情報源一覧

  • JAL
    JAL 日本航空
  • アメリカンエクスプレスカード
    アメリカン・エキスプレス・カード
  • デルタスカイマイルカード
    デルタ スカイマイルアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  • ANAザバーゲン
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リンク