« あのシンガポールに片道2千円で! | トップページ | 申し込みは本日まで、ロサンゼルスまで2万円!!! »

2012年2月26日 (日)

燃油運賃特別付加金値下げに思うこと

燃油特別付加運賃、通称ジェット燃料サーチャージが気持ち引き下げられました。

4月1日から実施です。

値下げ金額は300円から1500円とわずか。原油価格がさほど下がっていないから仕方がないのかもしれませんが、

基本的に高すぎる。

このブログの管理人など20年近く航空券が安かったのでオーストラリア発券で航空券をつないで来ました。

ところが、現在日本=北米、欧州、オーストラリア行きで片道2万5千円付加されます。

つまり、管理人はいつも東京シドニーの片道航空券を持っているのでそれを使ってシドニーへ行き、現地でシドニーからの航空券を購入します。例えばシドニー=東京=ロンドン=東京=シドニーで購入するのです。安い航空券だと15万円ぐらいであります。この航空券のメリットは日本のゴールデンウイークやお盆シーズンにもこの航空券が使えることです。

そして、ここで1年以内に次の目的地のロンドンに行き、日を改めてシドニーへけばいいのです。

15万円ぐらいではあまり安く感じないかもしれませんが、日本=ヨーロッパ往復と、日本=シドニー往復の二つの旅行でしかもゴールデンウイークやお盆に使うと思えば、この値段はお値打ちだと思いませんか?

こうして出張費用を節約し出張回数を維持してきたのですが、

冒頭で述べたように、これらの路線で付加運賃が片道2万5千円、〆て10万円もかかってしまうのです。

これでは節約のためのシドニー発券が本末転倒、割高になってしまいます。

この燃油運賃特別付加金制度の法律もあいまいで、海外の航空会社では徴収しないところ、金額が安いところもあります。

例え若干値下がりしてもさほど大きな影響はないでしょう。むしろ政府の消費税他税金の大型課税や東京電力の企業向け電気代大幅値上げによりみんな家計や会社の資産の守りに入るでしょう。そして家庭でも企業でも格安航空会社への搭乗に流れる傾向が加速されるのでしょうね。

値下げについてではなく、この付加運賃の存在意義についての私見になってしまいましたが、

今回の値下げについての詳細は下記をクリックしてみてください:

日本航空

全日空

そして、この記事が参考になったと思われた読者は下記をクリックよろしくお願いします。

<
人気ブログランキングへp>

« あのシンガポールに片道2千円で! | トップページ | 申し込みは本日まで、ロサンゼルスまで2万円!!! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560920/54083582

この記事へのトラックバック一覧です: 燃油運賃特別付加金値下げに思うこと:

« あのシンガポールに片道2千円で! | トップページ | 申し込みは本日まで、ロサンゼルスまで2万円!!! »

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

海外旅行のお得な情報源一覧

  • JAL
    JAL 日本航空
  • アメリカンエクスプレスカード
    アメリカン・エキスプレス・カード
  • デルタスカイマイルカード
    デルタ スカイマイルアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  • ANAザバーゲン
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リンク