« うそのようなお得なキャンペーン! | トップページ | 新作映画9本 »

2011年2月19日 (土)

日本航空燃油特別付加運賃値上げ

さて、日本航空が昨日「燃油特別付加運賃」改定を発表しました。

「燃油特別付加運賃」について

201141日発券分より額改定を行う予定です。

運賃額は以下をご参照ください。

なお、「燃油特別付加運賃」は燃油価格の変動に応じて2ヶ月ごとの見直しとなります。

2011331日発券分まで> 

  「燃油特別付加運賃」 

国際線 一人あたりの1区間片道あたりの設定額は以下の通り。

日本-韓国 500 

日本-中国・台湾・香港 2,500 

日本-グアム・フィリピン・ベトナム 3,000 

日本-タイ・シンガポール・マレーシア 4,500 

日本-インドネシア・インド・ハワイ 6,000 

日本-北米・欧州・中東・オセアニア 10,500

「燃油特別付加運賃」・「航空保険特別料金」は予告なしに変更される場合があります。

201141日から2011531日発券分まで> 

日本-韓国 1,500

日本-中国・台湾・香港 4,500 

日本-グアム・フィリピン・ベトナム 5,000 

日本-タイ・シンガポール・マレーシア 8,500 

日本-インドネシア・インド・ハワイ 11,000 

日本-北米・欧州・中東・オセアニア 17.500 

今まで燃油特別付加運賃は全日空がいち早く三カ月おきからニカ月おきの見直しに変更。

そのために三カ月おきの日本航空と見直し時期で差がつき、

現在の全日空は以下の通りです。

201121日から2011 331日購入分まで>

日本=韓国 1,000

日本=中国 2,500

日本=香港*2・台湾*3・マカオ 3,500

日本=ベトナム・サイパン・グアム・フィリピン 4,000

日本=タイ・シンガポール・マレーシア 6,500

日本=ハワイ・インド・インドネシア  8,500

日本=欧州・北米(ハワイ除く)・中東 14,000

ちょうど二か月の見直しと、三か月の見直しが重なるため(半年に一回)

日本航空もこの処置に踏み切ったものと思われます。

上の数値でわかるように、同じ目的国へ行くのだったら三月いっぱいまでは

日本航空の方がお得。

4月以降は…、どちらもシンガポールのケロシン(燃料)相場から計算しているので

多分同額になると思われます。

今だと北米、欧州で往復一人当たり7000円、シンガポール、マレーシアで往復4000円の差があります。

家族旅行で行く場合でもこの付加運賃は大人、小人、幼児に課金されますので

かなり大きな額になる可能性がありますね。

(日本航空の発表詳細はこちらを参照)

http://www.jal.co.jp/other/info2006_0714.html

Dscf5205

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださりありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただければ大変嬉しいです。

人気ブログランキングへ

« うそのようなお得なキャンペーン! | トップページ | 新作映画9本 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560920/50914522

この記事へのトラックバック一覧です: 日本航空燃油特別付加運賃値上げ:

« うそのようなお得なキャンペーン! | トップページ | 新作映画9本 »

無料ブログはココログ

海外旅行のお得な情報源一覧

  • JAL
    JAL 日本航空
  • アメリカンエクスプレスカード
    アメリカン・エキスプレス・カード
  • デルタスカイマイルカード
    デルタ スカイマイルアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  • ANAザバーゲン
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

リンク

最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30