« マニアックな期間限定激安キャンペーン | トップページ | デルタのマイル有効期限廃止 »

2011年2月16日 (水)

全日空の格安航空会社丸わかり!

今月10日に全日空が設立した格安航空会社「A&F・アビエーション」の概要がかなり見えてきました。

1.全日空(NH)と香港のファーイースタン投資グループが共同出資した、格安航空(LCC)事業、「A&F・アビエーション(Aviation)」は2月10日付けで設立登記。
2.A&F・Aviation代表取締役CEOは全日空からの出向、井上慎一氏。

3.今まで海外旅行に縁がなかったようなアジア人を取り込みたい。
4.3年目で単年度の黒字化、5年目で累積損失を一掃したい。
5.来月以降に就航地や運賃、機体デザインや客室乗務員の制服などのブランドについて発表予定。
6.運航開始は2011年下期をめざし、国内、国際それぞれで3、4路線に就航する計画。

7.関西国際空港から4時間圏内で運航可能な東アジアや東南アジアへの就航を検討。

8.関空を選んだ理由は24時間空港で国内外への運航が可能なこと、
また、関空を拠点とする全日空の路線が多くないため、競合する路線は少ない。

9.機材はエアバスA320-200型機のリース導入を決めた。同機材は全長37.6メートル、全幅34.1メートル、全高11.8メートルで、座席数は180席。2011年秋に初号機を納入、約2年間で計10機を受領する予定。5年後には15機から20機程度まで増やし、年間の航空旅客数を600万人まで伸ばす計画(つまりエアーアジアやジェットスターと同じ機材ですかね)。
10.機材の稼働時間を長くして運用効率を最大限に高めることで全日空の半分にコストを抑制。人件費についても、先行する欧米のLCC(例えばライアンエアー)を参考にする。
整備関係は外部委託も検討。
11.海外のLCCとは国内線運航を強みに差別化を図る。
12.新幹線や深夜バスといった他交通機関と比較しても「圧倒的な低運賃」を武器に消費者に選ばれるLCCをめざす。
13.販売は自社ウェブサイト経由。。

四時間圏内と云うと、台湾、韓国、香港、フィリピン、中国。アジアではないですがグァム、サイパンあたりが微妙なところでしょうか。

全日空またはA&Fとの国内線との接続を良くする事で日本の地方の顧客取り込みも考えているのでしょうね。それと昨年韓国映画や中国映画で有名になった北海道、東北辺りも国内線への接続を良くすることで取り込める事でしょう。


いずれにせよ選択の幅が増えることは旅行者にとって嬉しいことです。

その他のお得情報もこちらからよろしく、

http://trip-with.me

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も最後までおつきあいくださり、ありがとうございました。

いつものように下のバナーをクリックしていただければ大変嬉しいです。

人気ブログランキングへ

« マニアックな期間限定激安キャンペーン | トップページ | デルタのマイル有効期限廃止 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560920/50888592

この記事へのトラックバック一覧です: 全日空の格安航空会社丸わかり!:

« マニアックな期間限定激安キャンペーン | トップページ | デルタのマイル有効期限廃止 »

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

海外旅行のお得な情報源一覧

  • JAL
    JAL 日本航空
  • アメリカンエクスプレスカード
    アメリカン・エキスプレス・カード
  • デルタスカイマイルカード
    デルタ スカイマイルアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  • ANAザバーゲン
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リンク