« 最近年をとったと感じること | トップページ | 閑話休題 »

2008年11月17日 (月)

来年度よりの燃油サーチャージにがっかり

 日本航空さんと全日空さんが来年1月から三ヶ月の燃油サーチャージを発表しました。

欧米路線が22,000円、シンガポールは12,500円、中国6,000円、韓国2500円程度

 しかしながら、これほどの海外旅行離れが起こっても、依然として割高です。

 現在、欧米路線では10~12月は片道一人33,000円もかかります。そして東南アジア路線ではシンガポールが20,000円、中国10,500円。

 このサーチャージのおかげでこの夏の海外旅行熱は冷え込んだのですが、日本航空の社長さんが言っていましたが、その後秋になっても顧客はなかなか戻らなくなったそうです。

 当然ですね。しかもこの秋からの金融危機で多くの企業も経費削減を必死になって行っているのに、30%程度の値下げで旅行客が戻るのでしょうか?

 ちなみにこのサーチャージの定義を見ると、3ヶ月に一度見直すことになっており、シンガポール市場での平均値を参考にして来年一月以降は8~10月の平均バレルあたり110ドル台をベースとするそうです。

 今や相場はこの半分の値段なのに、顧客側から見れば納得できません。

 誰が見てもこの平均は現実と大きくかけ離れているのです。

 海外の航空会社は日本の航空会社よりも数十パーセントは安いジェット燃料サーチャージです。これで十分という訳ではないですが、企業が支払うビジネスクラスにも経費削減の波が押し寄せており、当然安い方にながれます。日本の航空会社もこれで国際競争力にまた大きく後れを取ることになるのではないか心配になりますね。

 と、ぼやきながらもノースウエスト航空で行ったシンシナティ(ジェット燃料サーチャージも含めて当時最安値)ですが、やっとシンシナティに到着。

Img_3880

飲み物の自販機も缶ではなくボトルが主体ですね。ネーミングがThirsty?「のど渇いた?」とストレート

Img_3881

そして、タクシーに乗って国際会議場件宿泊先のハイアットリージェンシーに到着。

Img_3917

一泊当たり136米ドルで、シンガポールあたりのハイアットよりも断トツに安いです。

Img_3901

さて、チェックインをして、部屋の方は??

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日も最後までお付き合いくださりありがとうございました。

ランキングへの投票は、下をクリックしてくださいね。

Banner2

« 最近年をとったと感じること | トップページ | 閑話休題 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 来年度よりの燃油サーチャージにがっかり:

« 最近年をとったと感じること | トップページ | 閑話休題 »

無料ブログはココログ

海外旅行のお得な情報源一覧

  • JAL
    JAL 日本航空
  • アメリカンエクスプレスカード
    アメリカン・エキスプレス・カード
  • デルタスカイマイルカード
    デルタ スカイマイルアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  • ANAザバーゲン
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

リンク

最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31