« 地中海クラブの食事は・・・ | トップページ | 今、空港内で書いています! »

2008年9月 7日 (日)

何かおかしい?

今まで筆者は欧米に行くのに長年オーストラリア発券を続けていました。

初夏にシドニーで発券してもらった東京経由欧州行きのチケットが

なんと1豪ドルあたり103.904円でクレジットカードで請求されました

最初に開始した際には1豪ドルが70円台だったのに・・・。

この発券は11月のシドニー=東京=フランクフルト=東京=シドニーのチケットでジェット燃料費用込みで総額2735豪ドル。

日本円では締めて28万4177円

この路線のうち、半分ぐらいはマイルによるビジネスクラスへのアップグレード予約が完了しましたが、残りはキャンセル待ち。

過去10年間ぐらいで申し込んだ時点で5か月も先のアップグレード予約で

半分もキャンセル待ちということは、初めてでした。

明らかにマイルによるアップグレード枠を少なくしているのではないかと思われます。

話は戻って、この2735豪ドルで買ったチケットの内訳は航空運賃が1790豪ドル

ジェット燃料サーチャージ+空港税が944.68豪ドル

ん?

この発券自体は7月1日のジェット燃料値上げ前なのに944.68豪ドルもとられていたんだと改めて憤慨(日系航空会社さんは発券日ベースで精算ですから・・・値上げ後のジェット燃料サーチャージではないはずです)。よく見ていなかったのはわたしの失敗です。

昨年末に発券したシドニー=東京=米国西海岸=東京=シドニーの航空券を引っぱり出して見直すと・・・、

航空運賃が1989豪ドルジェット燃料サーチャージ+空港税が711.5豪ドル

このジェット燃料サーチャージ+空港税がなんと32~33%も半年間で上昇したのです!!

しかも今年7月1日以降はさらに値上げしているし・・・

このジェット燃料サーチャージ、日本では燃油特別付加金とかいうらしいですが、この不透明なことは甚だしい!

7月1日にこの割増金を値上げして以降、ガソリン、軽油が急落しているのに、

この割増金を下げようという発言がどこからもないのはなぜ?

愚痴を言うわけではないですが、もうひとつ。

いつも仕事の関係で為替レートの動向のグラフをつけているのですが、

クレジットカード会社からの外貨使用の請求レートは、激しくレートが動くときには一番悪いレートのときに請求されていることが非常に多い。

クレジット会社に電話で問い合わせると、海外で利用した会社からカード会社に請求された日のレートですから、との回答で、

そんなの海外で利用した会社からクレジットカード会社に請求された日なんて請求される顧客にはわからないので、なんとでもいえる。

ちなみに現在の豪ドルのレートは87.53円。

かといって、欧州に運賃87万5千円、燃油特別付加金+空港税6万3千円もするビジネスクラス正規運賃で出張に行けるだけの予算もなく、

我々のような中小企業ではエコノミークラスでがまんするか、軽油(ジェット機の燃料は軽油の一種なんです)の値段が下がり、さらに円高になるのを祈るしかないのでしょうかね

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日も下記をクリックしていただければ嬉しいです。

<この下をクリック>Banner2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

« 地中海クラブの食事は・・・ | トップページ | 今、空港内で書いています! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何かおかしい?:

« 地中海クラブの食事は・・・ | トップページ | 今、空港内で書いています! »

無料ブログはココログ

海外旅行のお得な情報源一覧

  • JAL
    JAL 日本航空
  • アメリカンエクスプレスカード
    アメリカン・エキスプレス・カード
  • デルタスカイマイルカード
    デルタ スカイマイルアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  • ANAザバーゲン
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

リンク

最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31