« 海外にビジネスクラスで行く裏ワザ(2) | トップページ | 海外にビジネスクラスで行く裏ワザ(補足) »

2008年8月13日 (水)

海外にビジネスクラスで行く裏ワザ(実例編)

昨日までの説明の捕捉として、わたしの場合を実例としてあげます。

書き忘れておりましたが、基本的にオーストラリア=成田と成田=米国・欧州を飛んでいる飛行機しかこの特別運賃は使えません。よって全日空は豪州線から撤退しており、またカンタス航空(子会社のジェットスターを含む)は成田=米国・欧州線がないので、日本航空のみしか使えない運賃です。

さて、昨年暮れに購入したチケットは下記のとおりでした。

2008年2月 シドニーから成田

2008年5月 成田からロサンゼルス

2008年5月 ロサンゼルスから成田

2008年10月 成田からシドニー

上記航空券代: 豪ドル1989.00(本日のレートで約19万1千円)

ジェット燃料サーチャージ、税金等豪ドル711.50(約6万9千円)

このチケットの有効期限は1年間です。

airplaneジェット燃料サーチャージ(燃油特別付加金ともいいます)が、やはりかなり高いですね。

今夏からはこの追加費用は世界的にもっと上昇しています。

当然この日程からの変更もありましたが、5000円で日程変更は可能です。この5000円は空港で支払うこともできます。

この航空券でシドニーから成田に戻って、1年間日本に滞在可能なので、その間にロサンゼルスに飛べばよいわけです。

わたしの場合は何年間もずっとこの繰り返しを行っているのですが、

このアップグレードのマイルの使い方にも若干の裏ワザがあります。

日本から北米へのアップグレードには5万マイル必要です。そして日本からオーストラリアへのアップグレードには4万マイル必要で、合計9万マイルはマイルの吐き出し量としてはかなりきついと思います。

ところが、アップグレードを日本航空さんに依頼する場合「シドニーからロサンゼルスのアップグレードでお願いします」と申し込みます。

そうすれば、片道3万5千マイル、往復7万マイルで済みます。

繰り返しになりますが、購入したエコノミー航空券では券面上のクラス欄に「J/C/D/Y/B/H/K/L/W」が印字されているものがアップグレードの対象となります(つまりエグゼクティブクラス普通運賃、JALビジネスセイバー運賃、エコノミークラス普通運賃、JALエコノミーセイバーフレックス運賃、JALエコノミーセイバープレミアム運賃、IATA PEX運賃、JALエコノミーセイバー運賃などはOKですが、JAL悟空運賃、個人・団体包括旅行運賃、特殊割引運賃、優待割引航空券、特典航空券などはいくらマイルがたまっていようと、アップグレードはできないのです)。

そしてオーストラリア発券ではこのKのチケットがあるということなのです。

いかがでしょうか?もしわからない点があればコメントをいただければ検討します。

・・・・・・・・・・・・・・・

この記事が役にたったと思われた読者のかたは

下記クリックお願いします。

<ここをクリックしてください>Banner2

« 海外にビジネスクラスで行く裏ワザ(2) | トップページ | 海外にビジネスクラスで行く裏ワザ(補足) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/560920/48592387

この記事へのトラックバック一覧です: 海外にビジネスクラスで行く裏ワザ(実例編):

« 海外にビジネスクラスで行く裏ワザ(2) | トップページ | 海外にビジネスクラスで行く裏ワザ(補足) »

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

海外旅行のお得な情報源一覧

  • JAL
    JAL 日本航空
  • アメリカンエクスプレスカード
    アメリカン・エキスプレス・カード
  • デルタスカイマイルカード
    デルタ スカイマイルアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  • ANAザバーゲン
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

リンク