« ハイアットホテルでポイントとマイルが! | トップページ | オーストラリアで独自の進化を遂げるワイン »

2008年3月30日 (日)

AIR DOもポイント制導入!

日本の航空会社ではJAL、ANA以外に数社新興の航空会社があるのは読者のみなさん、よくごぞんじですね。

その中で東京と北海道を結んでいる航空会社「AIR DO」がポイント制の導入を開始しました。

ちょうどさっき羽田空港でビラを配っていたのですが、以下のような内容です。

Ad01

まずポイント制導入キャンペーンとして、AIR DOサイトから登録する必要があります。

その次に北海道と東京を八回、四往復搭乗すると8ポイント獲得できます。この8ポイントをゲットした段階で、片道無料航空券引換証を申し込めるようになります。

このポイントの有効期限は2年間です。

ただ、注意しなければならないのはこのチラシの8ポイントで東京=北海道の無料航空券をもらえるのは2008年5月31日応募分までで、それ以降6月1日からは10ポイント必要となります。

さて、JAL,ANAの場合は普通運賃で片道511マイルもらえます。そして運賃は32800円です。

AIR DOの場合は普通片道運賃で26800円。(早割などの割引運賃は時間帯によって値段が違うので、今回の計算からは除外します)

JAL、ANAの航空会社で羽田から北海道までマイル(ポイント)で行こうとすると、今日現在では往復で15000マイル必要となります。

(JAL,ANAでは片道分だけの国内無料航空券を発券してくれないので、往復で計算してみます)。

JAL、ANAの場合は15000マイル貯めようとすると29.35回搭乗しなければならないことになり、そのコストは96万2680円です。

AIR DOの場合は16ポイント必要となってきますので、26800円X16=42万8800円!

しかし、今年の6月以降は10ポイント必要になってくるので、さらに2往復X2で4ポイント分、10万7200円必要となってきます。

結論としては、北海道と東京を単身赴任などでしょっちゅう使う方にとっては、AIR DOはJALやANAと比較して断トツにコストメリットがいいことになります。

« ハイアットホテルでポイントとマイルが! | トップページ | オーストラリアで独自の進化を遂げるワイン »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: AIR DOもポイント制導入!:

« ハイアットホテルでポイントとマイルが! | トップページ | オーストラリアで独自の進化を遂げるワイン »

無料ブログはココログ

海外旅行のお得な情報源一覧

  • JAL
    JAL 日本航空
  • アメリカンエクスプレスカード
    アメリカン・エキスプレス・カード
  • デルタスカイマイルカード
    デルタ スカイマイルアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  • ANAザバーゲン
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

リンク

最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31