« シドニーの鉄道 | トップページ | カナダからの手紙 »

2007年5月13日 (日)

突然ですがいまデトロイトにいます

突然ですが、さきほどアメリカ合衆国・デトロイトに横着しました。

・・・。

こちらの空港は大きくて、そして入国検査にも結構時間がかかります。

ノースウエスト航空の機体が着陸後、入国審査場で列を作るのですが、一人ひとりの検査が綿密に行われるのか、長蛇の列で、なかなか進みません。

空港の赤い服を着たおばさんが「前につめて!!」と叫んでいますが、なかなか列は縮まらず、突然US CITIZNとの境界を開けて「こちらから何人か(何人か?)入りなさい。」と言い出しました。

わたしは早速、そこから米国市民用の列に混じったのですが、合計で5~6人がはいったらすぐに境界を閉じちゃいました。

その後から来る人に「米国市民はこちら、VISITORはこちら」、と指示しています。

後続の人をたたれちゃうと、我々は、え?こちらに入ってよかったのか?と不安になってしまいますよね。

しかし米国市民の列はVISITORの列の三分の一ぐらいで早く進みました。

まず入国審査申告書を出すと、目的を聞かれます。

その後、米国ドルの現金は何ドル持っているか?トラベラーズチェックは何ドル持っているか?聞かれます。

その後は「日本食は持っているか?すし?うどん?」との質問。まさかショルダーケースにうどんが入るわきゃないだろう、と思いつつも、「No Japanese Food」と答えました。

そして指紋認証。まず左手人差し指。次に右手人差し指を認証。それからカメラで顔写真です。

次に、手荷物のピックアップですが、なぜか我々の飛行機の荷物は二箇所のレーンから出るため、両方のレーンを注視しておかなければなりません。

そして荷物をピックアップするとまた入国審査と同じようなカウンターがあり、そこで税関申告を行います。最近はたいてい税関申告は簡単な国が多いのですが、こちらではわざわざ税関申告書のカウンターを通過しなければ出れないようになっていました。

そして外に出ると、ホテルの案内に電話して、アクセス方法を聞きます。

そこからしばらく歩いてホテル、レンタカーシャトルの乗り場に行ったのですが、わたしの宿泊するホテルのシャトルが2~30分待っても来ません。

もう一度ホテルに電話すると「あと三分でピックアップに行きます。」とのこと。

確かに三分で来ましたが、三分で来れるのならもっと頻繁にピックアップに来て欲しいものです。

結局空港に着陸してからこの部屋に入るまで二時間ほどかかりました。

今、、日本時間では午前五時過ぎですが・・・、こちらでは午後四時過ぎです。

急に眠くなってきたのですが、もう少し眠らずに時差調整を使用と思います。

デトロイトは今、快晴で、暑くもなく、寒くもなく過ごしやすいですね。

では、明朝デトロイトを出発します。

« シドニーの鉄道 | トップページ | カナダからの手紙 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シドニーの鉄道 | トップページ | カナダからの手紙 »

無料ブログはココログ

海外旅行のお得な情報源一覧

  • JAL
    JAL 日本航空
  • アメリカンエクスプレスカード
    アメリカン・エキスプレス・カード
  • デルタスカイマイルカード
    デルタ スカイマイルアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  • ANAザバーゲン
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

リンク

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31