« キャッシュカード、クレジットカードをスキミングされる?! | トップページ | ワインマンに捕まった!! »

2007年4月10日 (火)

ケーキマンにワインマン

 思い起こすと、日本人を狙っている詐欺師は結構いますね。

 昔のことですが、ニューヨークの五番街をお客と夜9時ごろ歩いているときでした。

 その当時はバブル経済のころでしょうか、歩いているのが日本人とみると、わざとぶつかって、持っていたケーキを服にべちゃっとつかせる。そのあわてたスキに日本人の財布を抜き取るのがはやっていました。またたとえその日本人にすきがないとしても、最低彼の高級服(自称?)のクリーニング代を請求出来ます。

 また当時はワインマンと我々は呼んでいましたが、ワインのボトルを持って通りで待ち伏せしていて、日本人とみるとわざとぶつかり、高級ワイン代を請求するのです。このような金を持っていると思われる日本人狙いの詐欺事件か頻発していました。

 さてそのお客は始めてニューヨークに来たのです。

 彼は「せっかくニューヨークに来たんだから食事の後バーに行こう」、と誘ってくれました。お客なので断るわけも行かず一緒に五番街を歩いていると、すこしずつ人通りが少なくなってきました。

 彼はずっと話に夢中でした。

 ふと、前を見るとひとりの黒人が交差点の前に立っています。

 一瞬、いやな感じがしたのですが、お客はずんずん進んでいくのでわたしも並びながら歩いて、横をすれ違うときによけたのですが、なぜか肩が少し当たってしまい、ちゃんという音が聞こえました。

 「あ、やられた、ワインマン!」

 そう思った瞬間、うしろで彼は何かこちらにしやべっているのですが、聞こえない振りをして歩き続けました。

 まずは人通りの多いところまで行こうと思い、お客に「ちょっと、いそぎましょう。」と耳打ちをしながら、我々は話に夢中になっている振りをして足早に立ち去ろうとしました。

 しかし、背の高い黒人の足は我々日本人の足よりは速く、またたくまに追いつかれてしまいました。

 「ヘイ、ミスター。お前はおれにぶつかったため、おれは持っている高級ワインを落としてしまった。これは大事な高級ワインだ。どうしてくれる!」と詰め寄ります。

 運悪く、彼に追いつかれた場所はまわりに誰もいないところです。

うーん・・・。

 「おれは悪くない。おまえが当たってきたのだろう?」

 「そんなことはない、ミスターの不注意だ。」

 言い合いはどうどうめぐりです。お客は不安そうにみまもっています。

 「では、いくらのワインなのだ?」と聞くと、彼もワインの相場価格をよく知らずいくらぐらいでいえばいいのか自信がないみたいで、一瞬考えた後「40ドル。」と答えたのです。

 思ったよりも安かったので、それを聞いた瞬間、こちらにも気分的に余裕が出来ました。

 あ、これから出かけなければならないので、続きは明日です。

« キャッシュカード、クレジットカードをスキミングされる?! | トップページ | ワインマンに捕まった!! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ケーキマンにワインマン:

« キャッシュカード、クレジットカードをスキミングされる?! | トップページ | ワインマンに捕まった!! »

無料ブログはココログ

海外旅行のお得な情報源一覧

  • JAL
    JAL 日本航空
  • アメリカンエクスプレスカード
    アメリカン・エキスプレス・カード
  • デルタスカイマイルカード
    デルタ スカイマイルアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  • ANAザバーゲン
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

リンク

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31