« 駆け足上海旅行記⑥ | トップページ | 駆け足上海旅行記⑦ »

2007年1月 5日 (金)

JAL国内線にファーストクラスを設置へ

 JALは昨日の発表で「ファーストクラス」を導入する方向で検討していることを明らかにしました。

 ライバルのANAに奪われている利益率の高いビジネス客を取り返すのが狙いとのこと。

 JALは2004年に、普通運賃に1000円追加すればエコノミーより広い座席に座れる「クラスJ」を導入。搭乗率は約85%とほぼ満席の状態で好評を博しています。

 ただ、さらなる富裕層からはさらにゆとりのある座席を求める要望があります。

 クラスJはたしかに普通席よりも広いのですが、特にサービスに大きな違いは見受けられません。

 以前、どこかの経営者らしいご老人がクラスJに秘書らしき年配の女性と乗ってこられました。搭乗して一番前の壁際のH席とK席に座られました。キャビンアテンダントの方が挨拶に行かれていました。上品そうなご老人でファーストクラスがないからクラスJに乗られたのでしょうか。そしてそのすぐそばの席では、若者が漫画本を読んでいました。

 たぶん千円ぐらいの違いなので、この若者にもクラスJに乗るのに抵抗感がないのでしょう。こう考えると、多少余分にお金を払うファーストクラスの席がJALにもあって、よいのではないかと思います。

 ところで、このファーストクラスの席数は1機当たり10席程度を想定。価格は、通常運賃に3000~5000円程度を上乗せしている全日空の「スーパーシートプレミアム」と同程度か、それを上回る水準となりそうです。

 そうです、このぐらいの数で十分でしょう。

 そしてこの件は本年2月6日に発表する中期経営計画に盛り込む方向とのことです。

これでJALの国内線も国際線と同じようにファーストクラス、ビジネスクラス(クラスJ)そしてエコノミークラス(普通席)になるわけですが、今までJALの上級会員や株主に配布されていたアップグレード券の今後の扱いが気になるところですね

  

« 駆け足上海旅行記⑥ | トップページ | 駆け足上海旅行記⑦ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JAL国内線にファーストクラスを設置へ:

« 駆け足上海旅行記⑥ | トップページ | 駆け足上海旅行記⑦ »

無料ブログはココログ

海外旅行のお得な情報源一覧

  • JAL
    JAL 日本航空
  • アメリカンエクスプレスカード
    アメリカン・エキスプレス・カード
  • デルタスカイマイルカード
    デルタ スカイマイルアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  • ANAザバーゲン
    ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

リンク

最近のトラックバック

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31